社会教育主事研修でまちづくりについて考えてみます

社会教育主事研修でまちづくりについて考えてみます

7月19日(木)には茨城大学で行われている平成24年度社会教育主事講習に講師として参加させて頂いて参りました。当方が担当したのは社会教育計画の一環としての『まちづくりと社会教育』というクラスでした。

受講された方は茨城県、栃木県の教職員の方を中心として50名ほど。少し見当違いともいえる領域である“マーケティング”のお話を興味深く聴いて頂いたようで当方も安心致しました。

ひたちなか海浜鉄道の吉田社長も後ろの席に並んで聴いているし。(汗)
“がんばっぺ茨城”で震災後に旋風を巻き起こした社会福祉法人ユーアイ村の藤沢利恵さんにもご登場頂いて。
モデレーティングは現尼崎市顧問の船木茂記氏にお願いして。
企業の場合と異なり、自治体などの場合はマーケティング対象の所有権が曖昧だったり、目標や期間が抽象的だったりします。そのため、答えを出さないためのコミュニケーションという概念が重要なのだな、と改めて感じ入った次第。この講座は来年も行われる模様。バージョンアップをしっかり行いたいと思います。

アイキャッチ画像には茨城大学との縁を取り結んでくれた、ひたちなか海浜鉄道は那珂湊駅のシグナルを。

吉田社長のブログ、海浜鉄道日誌もさっそく更新して頂いた模様。
吉田さん、人に歴史あり、なんですよ。(笑)

Local Creationカテゴリの最新記事